読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に妥協しない婚活きろく

絶対に愛する人と結婚するんだい!

4人目★シャイで優しいスナネズミさん

ここ数日で寝る間も惜しんで何記事書いてんだよ…と自分に呆れました(^◇^;)凝り性で…アハハ

今までABCさんで書いてましたが味気ないので、これからはなんかニックネームを付けようと思いました!
私のアイコンはサーバルちゃんだし、動物にするか〜。


さて、4人目のデートはスナネズミさんです。

スナネズミさん34歳
旅行会社の企画職
アニメ・ゲーム好き

この方はメッセージのやりとりが非常に紳士的で、話も楽しくとても好印象でした!(゚∀゚)

デートに誘ってくださるタイミングもかなりやりとりを重ねた後で、よかったら…という感じでシャイな人かなぁと思いましたがぜひ会ってみたいと思いました。

ただ…気になるのが…
プロフィールにある身長が私より低い…

もちろん頭では身長なんて全然関係ねぇ!!と思うのですが、すごく優しそうな人だし男性として意識できなかったらどうしよう。。と一抹の不安が。でも、顔はなかなかシュッとしていて素敵だなぁと思ってました。
背低くてもカッコイイかも!!


そして当日…
待ち合わせ場所に向かうと

あ、いた!!

……うーん
やっぱり小さい…
それはわかってたからいいとして…

あれ…?
ちょっと太ってる…??

結構写真の印象と違いました(^◇^;)スナネズミさんもCさんと同じく、撮影時より太っちゃったそうです。

(私もちょっと前の写真載せてるから人のこと言えないけどな…ほんと気をつけねば…ズバズバ言ってくれる家族とか友達に詐欺写真じゃないか聞こうw)

会った時は写真とのギャップもありテンション急降下が顔に出ないよう必死でしたが、お店をきっちり予約してくださったそうで、しかも地図も見ずにスムーズに道案内してくれます。

男らしい…!(単純)
ちゃんと調べてくれたんだな(T_T)

お店はこじんまりして素敵なビストロでした!
予約されていた席に対面で座り、いざスタート!

と、スナネズミさん目を合わせてくれない…
しゃべらない…

これはとても緊張されている…!!

ここは私が…!!とムダなサービス精神を発揮し、美味しそうですねえ、いいお店ですね〜とこうるさく話しかけます。

すると少しずつ緊張感が解け、会話が弾み始めました。
スナネズミさんは旅行会社の企画職らしく、大人しいけどお仕事はバリバリやっているようで、かといって自慢する感じでもなくとてもいい人だったんですが、

ね、ねんむい……

決して会話がつまらないわけではなかったのですが、前日の夜ふかしとあまりのドキドキ感のなさで眠くなってしまいました…( ;∀;)

結局気持ちが1ミリも盛り上がらないまま、閉店でお店を後に。

最後もスマートにご馳走してくださって、本当にいい方ではあったんですが…(T ^ T)

スナネズミさんは仕事もできそうだし外面の印象よりもずっと男らしい方なんだと思うのですが、彼よりも声が大きくバクバク食べる私が私らしくいられないと思って合わないのだと悟りました。遠慮してお腹減ってたから帰ってから焼き鳥食べたもんね…

奥手理系男子Bさんの時も感じたのですが、おそらく内気なタイプの方は私には合っていないのですね。。
気にしい(八方美人)でオート接待モードに入りやすいから( ;∀;)
根っからおしゃべりで明るい性格なら相性が良いのかもしれないけど、私はそうではないからなあ…

相手が居心地悪くないか気を遣いすぎてしまって、自分が楽しむ気持ちがスポッと抜けてしまう。楽しいフリをすることに精一杯になってしまう。

これじゃ好きになる余裕なんてなくなっちゃうな、と思いました( ;∀;)

次いこう(・ω・)ノ

早くも婚活疲れ…で振り返る

実は活動とブログには少しタイムラグがありまして、これを書いてる時点でもう10人くらいとお会いしてて、メッセージやりとりは30〜40人と並行しているのですが、

つ、疲れたよ〜…(T ^ T)

やはり就活のようにシステマチックに絞ってくことなんかできないのかな〜〜!?

そんなにタイプじゃなくてもとにかくいろんな人を知ろうと思っていたのですが、そういえば真剣に「彼氏ほしい」「結婚したい」という気持ちでやりとりもデートもしていないことに気付いたのでした…

うっかり恋に落ちたらいいナァ(*´∀`*)

くらい。。これじゃ減点法になるばかりで何も生まない…!タイプでない人の好きにならない理由を見つけてどーーする。。


ずっと大好きで8年も付き合った元彼にも、嫌だなぁと思うなところは沢山ありました。(私にだって山ほどあると思います…)
でも別れた理由はそこじゃなく、

この人と結婚できないと思った

重…重…重〜〜
書くだけでもつら…( ;∀;)

彼とは同じ大学で出会った長い友達でもあり、趣味もフィーリングもピッタリで仲の良い時は本当に幸せだったのですが、どうしても、どーーーしても人生の大事な局面で上手くいかなかった。

好きになった時からずっと望んでいたはずなのに、もう結婚してもお互い幸せだとは思えなかったんです。


そしてお別れしてワンワンめちゃくちゃ泣いたら、すぐ婚活を始めました。もう10年前のように失恋でボケーッとしているヒマなどない!!w

そういえば今まで彼以外、ちゃんと長く付き合ったこともないなぁ…

私にも彼にも、お互いより他にもっと合う人がいると思います。無理して自分を変えようと苦しまなくても一緒にいられる人が。


私の結婚したい人は、

心から信頼できて無理しなくていい、
幸せにしたいなぁと思う人

大好きだった人と別れてまで強くそう願ったんだったよ…

減点法で完璧な人を探すなんて愚かの極み。私にとっては欠点がないことよりお互い「まあコイツしかいないし別にええか」と思えるちょうどいい感の方が大事だ。

時に条件の良さ、イケメンに目が眩みお金持ちに目が眩み…という愚かなこともありますがw

これからきっとたくさんの人に会うけど、最終目標はこれだということを忘れないようにしよう。

相手は自分の鏡写しだということも!

よっしゃ、はりきって次(・ω・)ノ

3人目★写真と違うCさん・後編

川沿いをしばらく歩いた先にあったカフェに入り、Cさんと私はケーキと紅茶を注文しました。

コーヒーじゃなくて紅茶メイン、明らかに女性向けの雰囲気の店だったのでCさん居心地悪くないかな〜と思ったのですが、甘いものも好きみたいです。
嬉しそうにチーズケーキを食べていてカワイイかも〜なんて思っていたのですが…

この後思わぬ展開へ…

先ほどの店とここに来る最中で(Cさんの)仕事や趣味の話は大体し尽くしたので、そろそろ私の話もしようかな〜と思っていると、

突然「このアプリで他に誰かに会った?」と聞かれました。

「2人お会いしましたよー、その後進展してないけど…」
「だよね〜、俺は結構会ったんだけどさ、詐欺じゃんって人とかもいて」

ほう…

「あ、そうなんですか…」
「会ったらババアだった時とかホントビビったよね〜。ほら、これとか見て」

既にめちゃくちゃ感じ悪いので固まってる私に気付かず、某婚活アプリの画面を見せてきたCさん。そこにはかわいい女の子が。

「あら、めっちゃかわいいじゃないですか」
「そう思ったんだけどさー、会ったら思ったより全然デブでさ。ほら、この写真とかちょっとデブじゃない?よく見ればよかった」

お、お、お、
お前が言うなーーーー!!!!(怒)

「そういうCさんも写真よりかなりデブですよね〜☆」なんてもちろん言えず、「いや、そんなことないんじゃないですか…?」と苦笑い。
っていうか私より細いと思うその子…

「いや、ホント詐欺なんだよ!アヤタカさんは写真の通りだし、スタイルいいよね〜よかった」←何がじゃ

あ、もしかして私を持ち上げようとしたのかな…?しかしその後も熱弁で女の子をディスるCさんに氷点下まで冷めきったので、食べ終わったらソッコー帰ろ…と思いました( ;∀;)

半日一緒にいて緊張がほぐれちゃったのかな?
よくわからんけどただ不愉快…
私もごまかしてるけどそんな細くないし、もしこういうヤツと付き合ったらごちゃごちゃ言われるんだろうな…ていうかお前もデブだし…

完全にナシだなと思ったのでその後は食べ終わるまで接待スタイルに徹すると、ペラペラしゃべるCさん。なんとこの人女性から運営に通報されたこともあるらしい。
「何にもしてないのになんなんだよって感じ」
とか言うてるけど絶対なんかやらかしてるよ…

食べ終わったら「用事があるのでまた〜!」と切り上げましたが、駅までの道で「今日ほんと楽しかったなー、今週また会えるかな?いや、ほんと楽しかった〜」といたくご満悦しておりました。。

こんな話題で好かれると思ってんのか?!
もちろん「また連絡しますう〜(○´ω`○)ゞ」と電車に乗り込み、あとは未読スルーで終了…。

私だって長年付き合った彼氏や友達ならそりゃ悪口くらい話すこともあるし、こんなブログ書いてる程に腹黒い面も多々ありますが初対面のデートで悪口は絶対NGだと改めて悟りました…。
私も気をつけよう…!!


今回は最悪でしたが次次!(・ω・)ノ

3人目★写真と違うCさん・前編

次は、メッセージではポケモンGOの話で盛り上がったCさんです。

32歳
Cさん
人材派遣会社営業マン
なんらかのユニフォームを着てるプロフィール写真

背が高くガタイがよく、スポーツマンらしいです。またちょっと不鮮明な写真だけど(不安)
なんでみんなぼやけた写真使うんだろ…と思いましたが、男性は自分達の写真なんてあまり撮らないから仕方ないかもしれないですよね。
我ら女は意味もなく撮りまくりますけどヽ( ̄д ̄;)ノ

休日のランチにお誘いいただいて、「イタリアンでいい?」とのことでウキウキ都心へ出かけて行きました。

某デートスポットの駅で待ち合わせていると、「どこにいますか?僕は青いセーターです」とメッセージが。

周囲を見渡すと…ん…?あの人…?いや違うか…

遠目に一瞬目が合ったのですが違うかな〜と思ってまたキョロキョロしていると、先ほどの人がどんどん近づいてきます。

「アヤタカさん?」

あっ、ハイ!
あれ…

なんか…写真とちがーーう

写真より1.5倍ほど大きかったです(^◇^;)
横に(^◇^;)

じゃあ行きましょうかとエスカレーターを上っていると、「僕、写真と違くなかったですか?実は3年前の写真で…」
と言われました。

あ、やっぱり、と思いつつ咄嗟に「いえ、全然そんなことないですよ〜!」と言っちゃいました。これ私もつい聞きたくなっちゃうんですが、違っても正直にいう人なんてそういないよね…w

イメージと結構違ったけど、大きい男性は好きなので問題なし(о´∀`о)ちょっと派手であまりタイプではないけれど、普通にモテそうでした。
Cさんが予約してくれていたイタリアンへ。

向かい合って席に着きました。
なんか、休日ランチはデート感が増すなあ…

Cさんまだ表情が固く、口数は少なめです。でも「パスタ何がいいですかね〜??」なんて話してるうちに少しずつお互い緊張がほぐれてきました。

そのうち、話題はCさんのお仕事内容へ。Cさんはとてもお仕事を頑張っている方で、専門的な話は私と全くの他業種なこともあり面白かったです。

面白かったのですが…

Cさん、その話しかしない…!
そろそろ飽きてきちゃった〜(^◇^;)

まあお仕事を頑張る男性は素敵だよね…
と思ったけど気になることが。。

Cさんが自分のことを話し続けるのに飽きてきたので私が(半ばムリやり)自分の話を挟んでみると、

「へえ。」
「そうなんだ。俺も…」

流っ
そしてまた自分の話へ☆


この後話題が趣味に変わっても、

「俺旅先で写真撮るの好きなんだよね。」
「えっ、いいですね!!どんな写真撮ったんですか?」
「えっとね…(スマホのアルバム見せてくれる)」
あ、もしかして沖縄の◯◯ですか?!ここ私も行きました〜!ここ遠くて行きにくいけど景色最高ですよね」
「へえ、そうなんだ。それでこれは△△の〜〜(別の写真を見せ続ける)」

おーい、ちょっと流しすぎでは…!ヽ( ̄д ̄;)ノ
派手だし営業さんだし普通にモテそうだと思ったけど、もしかしてコミュニケーション苦手…?

その後もずっとこのペースだったのでキツいなあ…そろそろ…と思っていたら、

「ゴメン、俺ばっかり喋りすぎちゃった?」
と我に帰るCさんw

テラス席で寒くなってきたところに「ちょっと室内でお茶と甘いものとか食べようか」と言われたのでデートを続行。

イタリアンは少し外れた場所にあったので、お店が多いエリアへしばらく歩いて移動します。

天気のいい日に川沿いをのんびり歩いたので、
「好きな人とだったら楽しいだろうな〜、そうなればいいな〜」なんて思ってました。
こういうデート好きです(*´-`)

Cさんは話を振ればたくさん話してくれるのですが相手に話を振るのは苦手なようで、私が頑張らないと沈黙になるのでちょっと疲れます。。
これで営業が務まるんかなあと思ってしまったり(失礼)

長いので後編へ(・ω・)ノ

2人目★理系奥手男子のBさん

デート2人目はちょうど見たかった映画に誘ってくれたBさん、1つ歳下です。

28歳
理系奥手男子のBさん
プログラマー

この方、あまりメッセージのやりとりをしないままデートに至ってしまったのであまり情報がありませんでした。
ちょっと不鮮明でしたが写真の印象では奥手で誠実そうだったし歳下だしで危険な感じはゼロだったので、とりあえず会ってみることに。

映画館はオススメの場所があるので予約してくださるとのこと。仕事が終わってすぐに現地へ向かうと20時頃になりますと伝えると、

「◯◯駅に20時でお願いします。映画は20:10からです」と返事が来ました。

はーい、了解です。ギリギリだな〜

当日、現地に向かっている電車の中でBさんから新着メッセージが。

「すみません、◯◯駅ではなく△△駅の方が近いのでそっちにしましょう」

あれ、そうなの?!とギリギリ乗り換え駅で電車を降り、別路線に乗り換えました。

急に言わないでよ〜とちょっとイライラ…(短気)

駅で待ち合わせなのでBさんが連れてってくれるよなと思いつつ電車の中でグーグルマップを開いて映画館を検索すると、近くない…むしろ遠ざかってない…?

「あれ、△△駅だと映画館遠くないですか?◯◯駅の方が近いんじゃ…」

もう乗り換えてしまったので言っても仕方ないのですが、なぜ変更したのか疑問すぎてつい聞いてしまった。。
すると、

「そちらも近くはありますね。」

?!ヽ( ̄д ̄;)ノ
なんか話が通じない…

腑に落ちぬまま、とにかく合流しようと思って△△駅に向かいます。
駅に着いて「◯番出口にいます」と来たので現地に向かうと…

あ、あの人かな〜…

モッサリした感じの男性とすぐに目が合いました。垢抜けないけどいい人そう。

初めましての挨拶をしてすぐに「スミマセン!新△△駅と△△駅を間違えていました…」とすごく謝られ、いえいえ…と恐縮。そういうことだったのね〜。

幸い映画館にもスムーズに辿り着きました。チケットを買っておいてくれたので、飲み物とポップコーンは私が買って席へ。正直全然ドキドキしないな〜。初対面だし当たり前か。


映画はものすごく良かったです…!
感動するけどコメディだしラブストーリーではなかったのですが、うっかり元彼とのことを思い出してボロボロ泣いてしまった…(あかんねww)

終わってすぐ「すごい泣いてましたね…」と言われて恥ずかしかった…


映画館を出ると22時を過ぎていたのですが、ほとんど会話せず帰れないよな〜と思っていると「どこか入りますか」と言われました。

ものすごくお腹が空いていたのですがさすがにラーメンって訳にいかないので、適当に近くにあった居酒屋へ。

カウンター席に並んで、ようやくこの日会ってから初めてまともに対話が始まりました。

仕事のこと趣味のこと…とお互いについて色々と話していたのですが、なんだろう…
映画館でも思ったけどBさんのこと異性として全く意識できない…

まあ単純に全くタイプではなかったんですよ。。
写真が不鮮明だったのもありますが想像の数倍モッサリしてたし(失礼 ^◇^;

それでも徐々に好きになるかもしれない…!根っからの直感派の私ですが、元彼との失敗もあり少しずつ好きになるパターンの方が結婚には向いてるんじゃないかと思って婚活を始めたのもあります。

でも…
うーん、やっぱりナイかなぁ〜
自分の話ばかりしてるわけでも失礼なわけでもないんだけと、無難なことしか言わないから話しててあんまり面白くない…

と、Bさんが意外な話題を振ってきました。

「アヤタカさんはいつまで彼氏がいたんですか?」

おっ、切り込むねえ!
ちょっと切り替え早いと思われそうですが、嘘ついても仕方ないので正直に答えます。

「だいぶ長かったんですが1ヶ月前に別れちゃいました〜」
「えっ、かなり最近ですね」
「そうなんですよ、結婚話がこじれちゃって」

重いから初対面で言わない方がいいかな〜と思った別れの理由もそのまま話してます( ´∀`;)
とはいっても投げやりなのではなく、このまま無難に話していてもBさんと発展することはないので、本音で話した方がまだ可能性があると思ったんですよ。。切り込んだ話をしたら化学反応が起きることもある。

「Bさんはいつから彼女いないんですか?」

本来ならこういう話は初対面であまりしない方
がいいと思うのですが、タイプじゃない人ほど上記の理由で聞いちゃいます。。

「僕はもう中学の頃からずっといないです」
聞けばBさんは高校は男子校、大学は情報学部で仕事もプログラマー、女性に縁がなかったそう。

そうなんだぁ〜、それは女慣れしてないのも仕方ないよなぁ。と聞き役に回っていると、酔いが回ってきたBさん、いきなりこちらに向き直って

「初めて会ったのにと思われると思いますが、正直僕、すごくアヤタカさんに惹かれてます」

はっ、早い!!圧倒的早さ!!

「あ、ありがとうございます」

しかし特にタイプでもないし、そもそも話し始めて1時間も経ってないし、初対面で言われても戸惑いしかなくよくわからない返事をしてしまいました…

すると
「また会ってもらえると嬉しいです…」
「もう会ってもらえないかもしれないけど…」

ああ、ダメだこの感じ…
面倒〜\(^o^)/

もう普通の会話をする空気でもないので早々に切り上げることにしました。
この性急さと必死さ…モテないだろうなぁ

トイレに行っている間にお会計を済ませておいてくれたのですが、「おいくらでしたか?」と聞くと「いやぁ…いくらだっけな…レシートあったっけ…4000…5000円くらい…かな…?」

わぁ〜イライラする!

3000円渡すと「多いので…」と1枚返してくれたけど結局いくらだったのか不明瞭でモヤモヤ…
というかガッつくけどこれかい( ´∀`)


別れてすぐに一応「今日はありがとうございました〜!」と連絡をすると「次いつにしましょう??」と返ってきました。
申し訳ないけど「ちょっと仕事が忙しくて…」と濁し、後日も2,3通お誘いをいただいたのですが全くその気にならなかったのでFO。

悪い人ではないんだけどやっぱり少しでもいいなぁと思う面がないと、徐々に好きになるというのも難しいな。
とりあえずいろんなタイプの人に会ってみようと思うのでした(・ω・)ノ

1人目★ガテン系インテリAさん

やりとりをした中で早めに「ご飯でもどうですか?」と誘ってくれた方がいました。

33歳
ガテン系インテリAさん(仮名)
エンジニア
スノボが趣味

写真は男っぽくガテン系に見えたのですが、プロフィールを見ると留学経験もあるインテリな方でした。
す、すてき!!

しばらくやりとりして、家が割と近くだったので中間地点で会ってみることに。
駅で待ち合わせすると…

「アヤタカさんですか?」
「あっハイ」

お、背高い!なかなか素敵!!
思ったより細身でシャイな感じです。

Aさんはノープランっぽかった(オイ)ので、
予め目星をつけていた近くの店に入りました。

さ〜注文、注文
「嫌いなものないですか?」と聞くと、
「卵ダメなんだよね、アレルギーで」

あ、そうなんだぁ、
結婚したら卵NGと。料理の幅が狭まるな←

私は初対面でも全く人見知りしないので、色々話を振っていきます。細かく話してくれるTさん。
Aさんの仕事の話、Aさんの趣味のスノボの話、Aさんの…

って、Aさんの話しかしてないよ!!!インタビュー状態。。

それでも自分の知らない分野の仕事話を聞くのは結構楽しかったのでウンウン聞いておりました。

しばらくするとやっとこちらの趣味のことを聞かれました。私はレイトショーを見るのが好きなので、「近所に小さい映画館があるのでお風呂も入った後で寝る前にふらっと行ったりします、単館なのでマニアックな映画やってるんですよー」

いつか旦那と行きたいなぁ、二人でお風呂上がりに映画とかサイコーだな〜と思いつつそう言うと、

「お風呂入った後出かけるの?なんか汚くない?

(`・∀・´)

「俺、絶対寝る前にシャワー浴びないと嫌なんだよね」

えっ、、汚…?
潔癖…?いや私が汚いのか…?w

イラッときたけど、まあいいや…うん

しばらく話していると婚活の話に。
合コンとか行きますかって話しになり、Aさんは滅多に行かないそう。

「みんな合コンとかして必死だけどさ、そこまでして女の子好きかなーって思う」

お、ガツガツしてないアピール?
と思いましたがこの人ほんとにそんな感じする。。私に興味ないだけの可能性も高いけど(^◇^;)
というかあなたも婚活アプリやってるやないの…!お金払ってまで彼女ほしいんじゃないんかい。

そしてこの人、全然食べないし飲まない。
「俺少食なんだよね、お酒も弱いし」と言うのでいかついけど草食系な様子。

私、欲望に正直な人が好きなんです…その欲望を理性でコントロールしてる人が。最初から欲の薄い人にはあまり惹かれません。

これ以上発展することはないな〜と思ったのでまだ10時前でしたが「明日早いので…」と解散することに。
帰り際「次は◯◯に行きましょう」と言われたけどもう行かないだろうなぁ〜。。アハハ…


見た目より草食な彼には、もっと繊細な女性が合うと思いました。素の私の野生っぷりを見たらきっと引いてしまうでしょう。。
(・ω・)ノというわけで次!

いいね!がきたけどヘンな人が…

自分に需要があるのか半信半疑でしたが、登録してすぐに「いいね」がガンガン押されていきます!
い、いま人生で一番モテてる〜〜〜!!!
(当社比)

相対的なことはわかりませんが思ったよりたくさん来たので、とりあえずここから良さそうな方を選んでマッチングしていきます。

バババッといいねを返して、メッセージのやりとりが始まりました。
最初ははりきっていたのですが、すぐに飽きてきました…
趣味や仕事の話なんかをしていくのですが、みんな同じ話題なんだよね…仕方ないけどさ…
次第に人数も増えていくので辛くなってきます( ˙-˙ )

と、切るべき人がちらほら現れました。


・急に呼び捨て

・「好きになりそう♡」(会ってない)

・「来年の春にはアヤタカさん連れてって、紹介しなきゃな…」(会ってない)

・「僕のことどう思いますか?」と何回も何回も聞いてくる。会ってないしどうとも思ってないw

・「アヤタカさんって色っぽいですね」
スルーすると「えっちな話しませんか?」ともっこりしたボクサーパンツの上裸写真が送られてきました。

無理むり!!さよ〜なら〜!!(=^▽^)σピッ

なんなんだ…通報通報…

この人達も普段は普通の男性なのでしょうが、よほど交際経験が少ないか溜まっていたかだと思います。


さて、明らかにおかしな人をCOしていくと礼儀正しい人ばかりになりますw
もちろんヘンな人より普通の人の方が多いです!

プロフィールやメッセージだけでは何にもわからないので、1週間くらいやりとりしてみて危険だと思わなかったらとりあえず会ってみることにしました。