読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に妥協しない婚活記録

絶対に愛する人と結婚するんだい!

3人目★写真と違うCさん・前編

次は、メッセージではポケモンGOの話で盛り上がったCさんです。

32歳
Cさん
人材派遣会社営業マン
なんらかのユニフォームを着てるプロフィール写真

背が高くガタイがよく、スポーツマンらしいです。またちょっと不鮮明な写真だけど(不安)
なんでみんなぼやけた写真使うんだろ…と思いましたが、男性は自分達の写真なんてあまり撮らないから仕方ないかもしれないですよね。
我ら女は意味もなく撮りまくりますけどヽ( ̄д ̄;)ノ

休日のランチにお誘いいただいて、「イタリアンでいい?」とのことでウキウキ都心へ出かけて行きました。

某デートスポットの駅で待ち合わせていると、「どこにいますか?僕は青いセーターです」とメッセージが。

周囲を見渡すと…ん…?あの人…?いや違うか…

遠目に一瞬目が合ったのですが違うかな〜と思ってまたキョロキョロしていると、先ほどの人がどんどん近づいてきます。

「アヤタカさん?」

あっ、ハイ!
あれ…

なんか…写真とちがーーう

写真より1.5倍ほど大きかったです(^◇^;)
横に(^◇^;)

じゃあ行きましょうかとエスカレーターを上っていると、「僕、写真と違くなかったですか?実は3年前の写真で…」
と言われました。

あ、やっぱり、と思いつつ咄嗟に「いえ、全然そんなことないですよ〜!」と言っちゃいました。これ私もつい聞きたくなっちゃうんですが、違っても正直にいう人なんてそういないよね…w

イメージと結構違ったけど、大きい男性は好きなので問題なし(о´∀`о)ちょっと派手であまりタイプではないけれど、普通にモテそうでした。
Cさんが予約してくれていたイタリアンへ。

向かい合って席に着きました。
なんか、休日ランチはデート感が増すなあ…

Cさんまだ表情が固く、口数は少なめです。でも「パスタ何がいいですかね〜??」なんて話してるうちに少しずつお互い緊張がほぐれてきました。

そのうち、話題はCさんのお仕事内容へ。Cさんはとてもお仕事を頑張っている方で、専門的な話は私と全くの他業種なこともあり面白かったです。

面白かったのですが…

Cさん、その話しかしない…!
そろそろ飽きてきちゃった〜(^◇^;)

まあお仕事を頑張る男性は素敵だよね…
と思ったけど気になることが。。

Cさんが自分のことを話し続けるのに飽きてきたので私が(半ばムリやり)自分の話を挟んでみると、

「へえ。」
「そうなんだ。俺も…」

流っ
そしてまた自分の話へ☆


この後話題が趣味に変わっても、

「俺旅先で写真撮るの好きなんだよね。」
「えっ、いいですね!!どんな写真撮ったんですか?」
「えっとね…(スマホのアルバム見せてくれる)」
あ、もしかして沖縄の◯◯ですか?!ここ私も行きました〜!ここ遠くて行きにくいけど景色最高ですよね」
「へえ、そうなんだ。それでこれは△△の〜〜(別の写真を見せ続ける)」

おーい、ちょっと流しすぎでは…!ヽ( ̄д ̄;)ノ
派手だし営業さんだし普通にモテそうだと思ったけど、もしかしてコミュニケーション苦手…?

その後もずっとこのペースだったのでキツいなあ…そろそろ…と思っていたら、

「ゴメン、俺ばっかり喋りすぎちゃった?」
と我に帰るCさんw

テラス席で寒くなってきたところに「ちょっと室内でお茶と甘いものとか食べようか」と言われたのでデートを続行。

イタリアンは少し外れた場所にあったので、お店が多いエリアへしばらく歩いて移動します。

天気のいい日に川沿いをのんびり歩いたので、
「好きな人とだったら楽しいだろうな〜、そうなればいいな〜」なんて思ってました。
こういうデート好きです(*´-`)

Cさんは話を振ればたくさん話してくれるのですが相手に話を振るのは苦手なようで、私が頑張らないと沈黙になるのでちょっと疲れます。。
これで営業が務まるんかなあと思ってしまったり(失礼)

長いので後編へ(・ω・)ノ